ホーム
霊園・祭祀の基礎知識

土葬でも改葬できるの?

お墓を家から近い場所に移して、お墓参りの負担を減らしたい。そう考えて、お墓の引越し、すなわち「改葬」をする人が急増しています。別の霊園に移転することが一般的ですが、納骨堂などに移転するというケースもあります。
改葬を考えるとき、まずは現在のお墓の形態を見極める必要があります。今回は、従来の火葬とは異なる「土葬」の改葬についてご紹介します。

土葬とは何か

土葬とは、遺体をそのまま地面に埋葬する方法です。日本でも山間部などでは、いまでも土葬が行われている地域があります。しかし、都市部では土地の不足や衛生的な問題があるため、条例で禁止している自治体もあり、霊園側も土葬を認めていないケースが多くあります。

土葬は昭和初期までは一般的でしたが、現代の日本では火葬することが圧倒的に多く、主流であるといえます。

土葬を改葬する際の手順と注意点

土葬の場合、改葬することが難しいのでは?と思われるかもしれません。確かに、火葬の場合より作業は増えますが、改葬することは可能です。

土葬から改葬する場合、埋葬された遺骨を掘り起こす前に閉眼法要という供養を行います。掘り起こした遺骨は火葬場に運んで火葬し、遺骨を骨壺に納めます。
火葬した状態でなければ、各自治体の条例や墓地、霊園の取り決めにより受け入れてもらえないためです。

火葬を行なう前に「火葬許可証」を発行してもらう必要があります。火葬許可証の発行は、現在のお墓がある市区町村の役場に申請します。
改葬申請をする際に火葬する旨を伝え、改葬許可証と合わせて発行してもらいます。

また、火葬の前に遺骨を洗浄(洗骨)する必要があります。火葬場は土葬された状態のまま持ち込むことができないため、土などの汚れをきれいに洗い流して、よく乾燥させてから火葬場で火葬してもらいます。この洗骨という作業は、デリケートな作業になるので専門の業者に依頼しましょう。

土葬の遺骨を掘り出す際の費用

土葬した遺骨を掘り出す際には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
依頼する業者によって値段は変わり、遺体の数によっても変わります。埋葬後数年なら、一体5万~10万円程度。 年数が多くなれば費用も上がる場合があります。また、山の上に埋葬している場合など、場所によっても価格が変わります。 埋葬場所、遺骨の数を事前に業者に伝え費用を確認しておきましょう。

埋葬時期が相当古い場合は、地質などの影響で遺体が大きく移動して捜索が困難なケースがあります。また、遺骨はおよそ15年~30年程で土に還ると言われていますので、掘り出した時は完全に土に還ってしまっているというケースも考えられます。
土に還っている場合は遺体の埋葬されていた辺りの土を少し取り、骨壷に入れたり新しい墓地の土に帰すこともあります。

土葬の改葬は特殊な対応が必要な為、ご検討される際には対応できるのかを含め、業者など、その道のプロにまずはご相談されることをおすすめします。


都内近郊の優良霊園

横浜六浦霊園 都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。

牛久沼聖地公苑 約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

日本霊園サービスをPCサイトで閲覧