ホーム
霊園・祭祀の基礎知識

永代供養墓とは

永代供養墓は、お墓の承継者がいなくても安心して「終の住処」を持つために生まれた新しいスタイルのお墓です。お墓参りができなくても、寺院や霊園が責任をもって、定期的な供養や管理を行なってくれます。
夫婦だけのお墓を持ちたい、子供たちに負担をかけたくないと考える方にも選ばれることが多く、永代供養墓の数は年々増えているようです。

永代供養墓は、墓石の建立を必要とせず、他の人のご遺骨と同じ場所にご納骨する合同葬となり、墓所の区画や墓石が不要のため、比較的安価で供養できることも特徴の一つです。お墓を購入することが難しく、自宅で遺骨を安置している場合などにも適しています。故人の名前は大きな石碑に彫刻されたり、墓石簿または小さなプレートに記載され残されます。

一般的な永代供養墓では、納骨した後に故人のご遺骨だけを取り出すことができないことに注意が必要です。そのため、一度永代供養墓に入るとその後、他のお墓へ改葬することはできません。

自分たちのお墓を持たず、他の人と一緒にご遺骨を埋めることは、親族全員に関わる重要なことです。永代供養墓を持つ場合は、親族とよく相談をして理解を得ることが大切です。


永代供養墓での納骨方法

永代供養墓では、広い納骨室に共同でご遺骨を安置することから、合同墓、共同墓、合葬式納骨堂などと呼ばれています。納骨には、ご遺骨を骨壺から全て取り出して、一カ所にまとめて収蔵、または土中に埋葬する合祀(ごうし)という方法が一般的です。

家族や親族以外のお骨も一緒に納められますので、いったん納めてしまうと、ご遺骨を取り戻すことは難しくなります。そのため、納骨後も故人と向き合う機会を望む家族に対し、ご遺骨の一部を個別の骨壺に残し、納骨棚に並べ永代安置する方法や、一定期間は骨壺からご遺骨を取り出すことなく安置し、その後合祀する方法をとる場合もあります。納骨の方法は、寺院や霊園によって様々ですので、必ず確認しましょう。


個々の墓石を必要としない供養

永代供養墓では、決められた区画に墓石を建立する必要がないことから、永代使用料霊園の維持管理料墓石の費用が不要になります。納骨法要料などは必要になりますが、大きな負担軽減となるでしょう。

また、納骨後にお布施、寄付金などの定期的にかかる費用が必要ないケースが多く、使用期限もありません。
ただし、永代供養墓は、先祖代々受け継がれる家墓とは異なり、料金は故人1人あたりの料金設定になります。夫婦2人で申し込んだ場合には、個別に料金が徴収されます。場合によっては墓石建立にかかる費用に近い金額になってしまうことがありますので、費用を抑えることが目的で永代供養墓を考えている場合は注意が必要です。

永代供養墓では、たとえお墓参りをしてくれる人がいなくても、定期的に行われる合同供養祭りなどで供養され、無縁墓になる心配がありません。少子化、核家族化が進み、無縁墓が増えている現在の日本に即したお墓と言えるかもしれません。


永代供養墓のある優良霊園

東京近郊で永代供養墓のある好立地・好環境の優良霊園のご紹介いたします。高速道路から近いことはもちろん、駅やバス停からも歩いて行ける霊園ですので、将来のお墓参りやご親類が多く集まるご法要も安心です。


横浜六浦霊園 都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。

牛久沼聖地公苑 約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

日本霊園サービスをPCサイトで閲覧