ホーム
霊園・祭祀の基礎知識

一般墓所とは

お墓を建立するために整備された敷地を「霊園」や「墓地」と言うのに対し、個々のお墓を作るために区画分けされた土地のことを「墓所」と呼んでいます。

墓所には、一般墓所、芝生墓所、ガーデン墓所など、様々な種類があり、ご自身のイメージに合った墓所を選ぶことができます。

なかでも一般墓所は、日本で最も多い伝統的な形状のお墓です。もともと墓所といえば一般墓所のことを指していましたが、新しいスタイルの墓所が増えてきたことから、差別化するために、一般墓所と呼ばれるようになりました。

一般墓所は、外柵を設け区画同士を別けるつくりが特徴で、区画の広さによっては、塔婆立てや灯籠、地蔵尊、墓誌なども建てることができます。

また、墓所を選ぶ時の基準として、永代使用料購入後の管理費、デザインの自由度、周辺環境などが挙げられますが、一般墓所は全ての項目をバランスよく満たしていると言えます。伝統的な和型墓石だけではなく、洋型墓石なども違和感なく建立することができます。ただ、霊園や墓地によっては和型墓石しか建てられない所もありますので、注意が必要です。


墓石のデザインを選ばない墓所

墓石デザインが自由な霊園の一般墓所では、伝統的な和型墓石の他、横型で背の低い洋型墓石、オリジナルのデザインや彫刻をあしらった墓石など、様々なタイプの墓石を見ることができます。
芝生墓所や壁面型墓所では、建立できる墓石の幅や高さが制限されてしまいますが、一般墓所では割り振られた区画内を自由に使うことができるため、既存の形にとらわれず、自分の好みを重視したお墓を持つことができます。
ただ墓地という場所や他の故人のことを考えますと、あまり奇抜すぎるものは控えた方が賢明となることもあるので管理者に相談すると良いかもしれません。


墓具や石碑を自由に追加する

一般墓所では、隣り合う墓地との境界線に外柵と呼ばれる囲いが設けられます。外柵は、境界石、巻石、境石など地域によって呼び方が異なり、入り口部分に柱や階段が設置されているものや、名刺受けが付いているものなど、形式も様々です。

外柵には境界線を明らかにする他にも、「現世と来世との結界を作る」「土地を清める」などの役割があると言われています。さらに、外柵があることにより、流水や陥没、地崩れからお墓を守り、墓石の劣化や破損も防ぎます。

また、一般墓所は、墓石の他に塔婆立てや戒名を記した墓具や、石碑を追加設置しやすいメリットがあります。さらに、芝台や香炉(線香立て)、つくばい(手水鉢)、観音様などを設置すれば、墓所の風格が一層高まります。
故人の思いを刻んだ石碑の設置を希望する人も多く、より個性豊かに、自由な発想でお墓を建立することができるでしょう。


墓石の形が自由な優良霊園

横浜六浦霊園 都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。

牛久沼聖地公苑 約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

日本霊園サービスをPCサイトで閲覧