ホーム
霊園・祭祀の基礎知識

改葬におけるマナー

改葬での供養や挨拶状等にも、それぞれにマナーがあります。決まりではありませんが、失礼にあたることが無いよう、基本的なマナーは把握しておきましょう。

改葬に参列する服装

改葬の供養に参列する際、喪服を着る必要はありません。男性ならダークスーツに黒や紺などの地味な色のネクタイを着けるようにします。女性も派手な服は避け、地味な色合いの服を着ればよいでしょう。

改葬のお布施

改葬にあたって行われる閉眼供養と開眼供養の際は、僧侶や住職にお布施を渡す必要があります。これはそれぞれ3万円程度が適当です。
ただ、地域やお寺によって金額が大きく異なることもあり、1万円程度のところもあれば、10万円を超える場合もあるようです。また、金額を事前に提示される場合もあります。心配な場合は同じ壇家の方や墓地管理者に確認しておくとよいでしょう。

僧侶に墓地まで来てもらった場合には、別途「御車料」を用意します。これは1万円程度が適当です。改葬主が送り迎えをする場合は必要ありません。他には、供養後の会食に僧侶が欠席する場合は、「御膳料」を渡します。これも1万円程が一般的です。

改葬元で離檀料を請求されていない場合は、今までのお礼を込めて閉眼供養のお布施と合わせてお礼分を包むとよいでしょう。あくまで気持ちですので必須ではありませんが、その場合は、閉眼供養費込で10万~20万円くらいが妥当です。

改葬の挨拶状

改葬後は、関係する方々に挨拶状を送る必要があります。挨拶状には以下の内容を記載しましょう。

・まえがき
・改葬を行ったことの報告
・新しい霊園・寺院名と所在地
・あとがき

挨拶状自体は事前に用意しておくことで挨拶が遅れることを防げます。お送りするのは改葬の供養が終わってからがよいでしょう。

改葬に参列する場合ののし袋

改葬は葬式とは異なります。新しいお墓を建てることになるため、お祝いにあたります。改葬に参列する際には、紅白の祝儀袋に「建碑祝い」と表書きすればよいでしょう。一方で、永代供養墓などの墓石を建立しないお墓への改葬の場合は、お祝いにはあたりませんので、紅白の祝儀袋をさけ、表書きは「お供え」や「御仏前」などにしましょう。

僧侶に渡すお布施等は白い無地の袋に入れて渡します。この際、「お布施」「御車料」「御膳料」は一緒にせずそれぞれ袋を分けて渡しましょう。

改葬に適した日

改葬日を決める際には、ご自身や参列者の最も都合のよい日を選ぶとよいでしょう。六曜を気にする方もいらっしゃいますが、六曜は仏教とは関係のない思想のため気にする必要はありません。

供養後の会食

改葬の開眼供養の後には、会食を行なうのが一般的です。場所については、お寺や霊園の管理者に事前に確認をしておきましょう。また、引き出物も用意することが一般的です。高価なものでなくてかまいませんが、心尽くしのものをお渡しするようにしましょう。

都内近郊の優良霊園

横浜六浦霊園 都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。

牛久沼聖地公苑 約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

日本霊園サービスをPCサイトで閲覧