ホーム
霊園・祭祀の基礎知識

お彼岸

お彼岸は、春分の日と秋分の日のそれぞれ前後3日間、計7日間をいいます。お彼岸はサンスクリット語の『パーラミター(波羅密多)』の漢訳で『到彼岸』の略と言われています。 彼岸は、煩悩や迷いのない極楽浄土のことを指していると言われています。また、その対語は『此岸』と言い、私たちが日々生活している世界を指しています。

つまり、此岸で日々忙しさに追われて生活し過ごす私たちが、彼岸へ到達できるようにご先祖様への感謝や善行を行う期間となります。ご先祖様への報恩感謝をこめてお墓をきれいに清掃し、ご先祖様のご供養をするとともに自分を見つめ直し、心の豊かな生活を送りたいものです。

お彼岸が春分の日・秋分の日に重なっているのは、彼岸(極楽浄土)が西方にあり、太陽が真西に沈む春分・秋分は極楽浄土を示していると考えられているためです。

都内近郊の優良霊園

横浜六浦霊園 都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。

牛久沼聖地公苑 約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

日本霊園サービスをPCサイトで閲覧