ホーム
霊園・祭祀の基礎知識

四十九日

四十九日(しじゅうくにち)とは、忌日法要行うことで成仏し極楽浄土に迎えられる日と言われています。故人が亡くなった後、七日~四十九日までは故人が現世と来世を彷徨い、この間にご遺族がご供養を施すこととなっています。

四十九日は来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように法要を営みます。ご葬儀のときの白木の位牌は仮のものですから、四十九日法要以降は本位牌をお仏壇にご安置します。(ご自宅にお仏壇が無い場合は四十九日法要までに準備します)

また、四十九日法要に合わせてご納骨をされるのが一般的となっています。

都内近郊の優良霊園

横浜六浦霊園 都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。

牛久沼聖地公苑 約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

日本霊園サービスをPCサイトで閲覧