トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 仏壇・仏具 > お仏壇の安置

お仏壇の安置

お仏壇は仏間に安置するのが一般的ですが、床の間の大きさは様々で、一間分の大きさや半間分の大きさなどがあります。また、同じ半間でも京間、江戸間、団地サイズなど少しずつ大きさが異なります。しかし、仏間・床の間がない住宅も最近では多くなりました。そういった場合には、畳や床などに直接安置することもできます。また、タンスや背の低い棚などの上に安置できる「上置き用仏壇」や家具と並べて安置するために、最近では家具風の仏壇などもあります。

お仏壇を安置する向きについては、南向きや西向きが良いとされますが、特別な意味はありません。直射日光が当たらず、風通しがよく、気持ちの落ち着ける所に安置するのが良いでしょう。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索