トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 仏壇・仏具 > お仏壇の飾り方

お仏壇の飾り方

お仏壇の飾り方は正式には、宗派によってきまりがあります。しかし、地域や分派によって若干の違いがあるようです。大きな違いは下記のような例があります。

天台宗
ご本尊には阿弥陀如来を飾ることが多いようです。そして、向かって右側に天台大師を、左側に伝教大師最澄を飾ります。

真言宗
分派が多く、また地域による違いもあり、飾りかたは様々ですが、高野山真言宗では中央にご本尊である大日如来、向かって右側に弘法大師、左側に不動明王を飾ります。

浄土宗
中央にご本尊の阿弥陀如来(舟立弥陀)を、向かって右側に善導大師を、、左側に宗祖法然上人を飾ります。

◆浄土真宗
大谷派
ご本尊には阿弥陀如来を、右側に十字名号、左側に九字名号を飾ります。

本願寺派
ご本尊には阿弥陀如来を、右側に親鸞聖人、左側に蓮如聖人を飾ります。

臨在宗
臨済宗には多くの分派があり、飾りかたに相違があるので詳しくは菩提寺のご住職に相談してみてください。
お仏壇の中央にはご本尊として釈迦牟尼仏を飾ることが多いようですが両脇には各派に違いがあります。

曹洞宗
お仏壇の中央に、ご本尊の釈迦牟尼仏を飾り、向かって右側に高祖・承陽大師道元禅師を、左側に太祖・常済大師瑩山禅師を配して「一仏両祖」の三尊仏形式として飾ります。

日蓮宗
中央には大曼茶羅、あるいは三宝尊、のいずれかをご本尊として飾ります。その右側に鬼子母神、左側には大黒天を飾ります。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索