トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 仏壇・仏具 > ご遺骨の取り扱い

ご遺骨の取り扱い

火葬が終わり葬儀が滞りなく行われ、持ち帰る骨壷は自宅の後飾り壇(中陰壇)に安置します。仏壇があればその前が、仏壇がない場合は家の中を見渡せる場所に安置しましょう。お墓に埋葬(納骨)するのは四十九日以降が一般的です。

ご遺骨を暫くご自宅に保管しても法律的な制約はありませんが、四十九日を過ぎ来世の行き先が決まれば納骨して故人の成仏をお願いするとよいでしょう。また、ご遺骨を自宅に保管できない場合は、四十九日法要前でも菩提寺や霊園の納骨堂で保管してもらうことも可能です。ただ、近くを彷徨っているかも知れない故人の御霊に対して冥福の気持ちが大切です。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索