お盆

お盆は、ご先祖様があの世から戻り、家族とひとときを過ごすという日本古来の行事です。お盆の期間は、旧暦の7月15日を中心とした13日〜16日の4日間です。

現在では、ひと月遅い8月15日を中心に盆行事を行うのが一般的になっています。これは明治時代に新暦が採用され、当時国民の8割を占めていた農家の人々が、7月の農作業の最も忙しい時期と重なるため、お盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご供養できるようにしたためと言われています。

4日間という限られた期間、出来る限り長くご先祖様と過ごせるよう、家に迎えるときは足の速い馬を、送るときはゆっくりと帰ってもらうように牛を、それぞれを模したキュウリやナスを仏壇のそばや戸口などにお供えします。

お盆初日の13日は、ご先祖さまを迎える日なので『迎え盆』と言い、提灯に迎え火を灯します。迎え火は、灯りを頼りに戻るご先祖様への目印となります。最後の16日は、ご先祖様を送る日なので『送り盆』と言い、送り火を灯します。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索