トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 改葬 > 改葬にかかる費用

改葬にかかる費用

お墓を改葬する人が増えていますが、改葬にはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。改葬する場合、新しくお墓を建てる費用だけでなく、手数料や供養のためのお布施などの費用がかかります。今回は改葬に掛かる費用の種類と相場をご紹介いたします。

改葬に掛かる費用の種類

お墓の引越し(改葬)に掛かる費用は、大きく二つに分けることができます。それは移転元でのお墓の撤去に掛かる費用と、移転先でのお墓の設置に掛かる費用です。

お墓の撤去に掛かる費用は、墓石の撤去・処分費用、区画整備の費用、遺骨の取り出し費用、埋蔵証明発行手数料、閉眼法要に対するお布施などがあります。
また、寺院の場合は、離檀料としてのお布施が必要な場合もあります。

墓石を改葬先で使用する場合には、墓石運搬費も必要です。しかし、改葬先の区画が合わなかったり、改葬先のお寺や霊園が移設を禁じている場合は、新しく墓石を購入する必要があります。

移転先で掛かる費用は、新たに墓地をたてる時と同じ費用になります。 永代使用料墓石代と工事費、開眼法要のお布施などが掛かります。

改葬の相場

改葬に掛かる費用の相場についてご紹介します。 墓石の処分と、区画整理に掛かる費用は、1平方メートルあたり10万〜15万円程が相場です。

遺骨の取り出し費用は遺骨一体につき、5万〜10万円程度です。また、墓石を運搬する場合には、その移動距離や墓石の大きさによって大きく異なります。 お墓から魂を抜き取る閉眼法要のお布施は、3万〜5万円程度が目安です。

一方、改葬先に埋骨する費用は、遺骨一体につき2万〜3万円程度が相場です。お墓に魂を入れる開眼供養は3万〜5万円程度が目安です。
墓石の費用と永代使用料は、墓石の大きさと材質の違いや、地域によって大きく異なりますが合わせて120万〜300万円程度が相場になります。

また、改葬に必要な書類を発行してもらうためには手数料が掛かりますので、それも必要な費用として覚えておきましょう。

新しいお墓への改葬

改葬には、実にさまざまな費用がかかります。トータルでいくらくらいと考えておけばいいのでしょうか。改葬方法によって費用はかなり異なりますが、一般的な目安としては、都市部への改葬を行う場合、200万〜300万円程度が必要だといわれています。
新しくお墓を建てるときに必要な費用にプラス50万〜100万円程度です。お墓の永代使用には管理費が発生します。改葬の初期費用だけでなく、管理費などの継続して掛かる費用についても想定しておきましょう。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索