トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 改葬 > 改葬の手順

改葬の手順

遠方にあるお墓を自宅に近い霊園に改葬することで、お墓参りの負担を減らすことができます。しかし、改葬にはさまざまな手続きが必要です。 そこで今回は、改葬の手順についてご紹介いたします。

改葬の手順と流れ

改葬を行う場合、改葬先を探すことから始まります。霊園や寺院などの中には、改葬を受け入れていない場合がありますので、改葬を受け入れているかどうかの確認が必要です。 自分で探すことが難しい場合は、葬祭業者や石材店などに相談してみると良いでしょう。 改葬先を決めたら、その霊園の管理者から「受入証明書」または「墓所使用承諾証」を発行してもらいましょう。

次に現在の墓地の管理者から、埋葬証明書(納骨証明書)を発行してもらいます。

■改葬のおおまかな流れ

  1. 改葬先の霊園を探す
  2. 改葬先の霊園に受け入れ証明書を発行してもらう
  3. 現在のお墓の管理者から埋葬証明書を発行してもらう
  4. 市区町村に改葬許可証を申請する
  5. 発行された改葬許可証を現在のお墓の管理者に提出
  6. 現在の霊園でお魂抜き/閉眼法要
  7. 新しい霊園で開眼法要・納骨法要

市区町村における手続き

現在の墓地と改葬先の管理者から必要な書類を発行してもらったら、今度は現在お墓のある市区町村の役所で、「改葬許可申請書」を発行してもらいます。 この申請書に必要事項を記入し、現在の墓地の管理者から署名捺印をもらいます。

その後、改葬許可申請書と受入証明書、埋葬証明書の3点を、現在墓地のある市区町村の役所にまとめて提出して「改葬許可証」を発行してもらいます。

お墓の移転手順

書類の手続きが完了したら、お墓の移動を行います。 まずは墓石を撤去する必要がありますが、その前に「閉眼法要」と呼ばれる供養を行うことが一般的です。

閉眼法要とは、「お魂抜き」や「性根抜き」とも呼ばれ、お墓に宿った魂を抜きとる供養です。閉眼法要を行った後の墓石は、普通の石に戻るといわれています。 閉眼法要後、お墓から遺骨を取り出し、墓石を撤去して土地を更地に戻します。

実際に遺骨を持ち運ぶ際には、骨壺が壊れないようにさらしなどにくるみ、丁寧に安置します。新しいお墓ができるまでは、自宅の仏間などに安置することが一般的です。

改葬先の墓地には、新しい墓石を設置する場合と、既存の墓石を移動する場合があります。どちらも工事が必要ですので、墓石の撤去や設置の工事は石材店に依頼しましょう。

墓石の設置が終わったら、今度は新しいお墓に納骨するための供養を行います。閉眼法要とは反対の「開眼法要」と呼ばれるお墓に魂を入れる供養です。

お墓の引越しについて

改葬は、引越し先によって必要な作業や費用が変わります。 墓石と骨壺を移転する場合、墓石を新しく建て替える場合、お骨の一部だけを移動する場合などで、改葬にかかる作業や費用が大きく異なります。

どのような改葬を行なうのか事前に決めておくとよいでしょう。 親族全員に関わることですので、自分だけで決めずに親族としっかり話し合い、皆が納得する方法にすることでトラブルを避けることができるでしょう。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索