トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 改葬 > 改葬で必要な事務手続き

改葬で必要な事務手続き

改葬を行うには、市区町村の許可を受けることが法律で定められています。手続きにはいくつかの書類を用意する必要があります。やや複雑になりますので、漏れの無いよう手続きを行ないましょう。

改葬で必要な書類手続き

改葬での一般的な書類手続きの流れは以下のとおりです。

1.「受入証明書」の発行
改葬先の管理者から受入証明書を発行してもらいます。

2.「埋葬証明書」の発行
改葬元の管理者から埋葬証明書を発行してもらいます。

3.「改葬許可証」の発行
改葬元の市区町村の役場で改葬許可証を発行してもらいます。

4.「改葬許可証」の提出
改葬先の管理者に改葬許可証を提出します。

改葬の手続き書類の詳細

改葬に必要なそれぞれの書類の手続きについてご説明します。手続きに行く前に必要なものや情報は用意しておきましょう。

受入証明書

改葬を行なうにあたり、まず受け入れ先の新しい墓地を決める必要があります。
そして、改葬先が決まったら、改葬先の墓地管理者より「受入証明書」を発行してもらいます。

受入証明書を申請するには、改葬先管理者が指定する申請書に以下のような事項を記入して提出します。
・改葬申請者の氏名、住所、捺印
・遺骨の氏名、本籍、住所、
・改葬元の名称、住所
・申請書発行年月日

発行される受入証明書には通常以下の内容が記入されています。記入漏れがないか確認してください。
・改葬申請者の氏名、住所
・遺骨の氏名
・改葬先の住所、名称
・墓地管理者の名称、氏名、住所、捺印
・受入証明書発行年月日

埋葬証明書

改葬元の墓地管理者に埋葬証明書を発行してもらいます。
埋葬証明書には指定の書式はありませんが、以下の内容が記入されている必要があります。
・墓地使用者の署名、捺印
・墓地管理者の署名、捺印
・遺骨の氏名
・証明書発行年月日

改葬許可証

改葬元の市区町村役所にて「改葬許可証」の発行申請を行います。発行には「改葬許可申請書」「受入証明書」「埋葬証明書」の3点が必要です。改葬許可申請書は遺骨一体につき一枚必要です。改葬元の市区町村役場で発行してもらえます。
発行には手数料がかかる場合があります。

発行された改葬許可申請書には以下の内容を記載します。
・死亡者の氏名、本籍、住所、性別、死亡年月日
・現在埋葬されている場所、埋葬年月日
・改葬の理由
・改葬先の名称、住所
・改葬申請者の氏名、住所、捺印

改葬承諾書

現在の墓地の使用者と改葬の申請者が異なる場合は、墓地の使用者が改葬を承諾することを証明するため、墓地使用者から「改葬承諾書」を発行してもらいます。
上記の各書類を発行する際に必要になります。

改葬承諾書には以下の内容を記入します。
・改葬申請者の氏名、住所、墓地使用者との続柄
・改葬する遺骨の氏名
・改葬先の名称、住所
・改葬申請者の氏名、住所
・墓地使用者の氏名、住所(要捺印)
・改葬承諾書発行年月日
・改葬を承諾する旨の一文

市区町村役場に改葬許可証を発行してもらったら、それを改葬先の管理者に提出します。それによって改葬を行うことができるようになります。

上記の各書類の記載事項については、発行する地域や場所によって異なる場合があります。実際の記入事項については発行元に問い合わせてください。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索