トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 改葬 > 改葬トラブルを防ぐために

改葬におけるトラブルを防ぐために

改葬では関わる人達の思いや考えがそれぞれ異なることがあり、そのため思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。 ここでは、過去にあった事例を元に、トラブルを未然に防止する方法を考えます。

住職とのトラブル

現在の墓地の住職が改葬を反対することがあるようです。住職としては檀家が減ってしまうと経済的事情で困る、ということが理由の1つとして考えられます。
トラブルがこじれると、住職に数百万円の高額な離檀料を請求された、という話もあったようです。また改葬に必要な書類を発行してもらえないということもあるようです。

住職とのトラブルを避けるためには、できるだけ早い段階で住職に改葬の話をしましょう。できれば改葬を考えはじめた時点で、「相談」という形で話をはじめてみてください。
これまでお世話になったことにお礼を言い、改葬が必要な理由を丁寧に話せば、住職の理解も得やすいのではないでしょうか。まずはじっくりと話し合うことが大切です。

高額な離檀料を支払う必要はありませんが、これまでお世話になったお礼を込めて、離檀にあたってお布施を10万〜20万円程度包む慣例は一般的にあるようです。

トラブルがこじれてしまったら

住職の理解を得られず、改葬に必要な「埋葬証明書」を発行してもらえない場合は、市区町村役場に相談してみましょう。役場から住職に埋葬証明書を発行するよう、指導してもらえるはずです。

もし、住職とのトラブルがこじれ、役場からの指導があっても埋葬証明書を発行してもらえない場合は、やむを得ず民事訴訟を起こすしかないかもしれません。

親族とのトラブルについて

「先祖代々のお墓を改葬する」ことは親族全体の問題になります。改葬について親族の賛成をなかなか得られないことがあるようです。

これも、丁寧に話し合いをしていくことが大切です。法律上では、墓地の使用権者の判断で改葬を行うことができ、親族の同意を得る必要はありません。しかし、血のつながった親族同士でのトラブルを解決しないまま、改葬を行なうことは避けた方がよいでしょう。

親族の方それぞれに想いがあり、大切にしているお墓です。事後承諾ではなく、早い段階で相談し、全員が納得できる方法を見つけてください。

石材店とのトラブルについて

改葬にあたっては、古いお墓の撤去や新しいお墓の設置は石材店に依頼することが一般的です。

お墓の撤去や設置作業の際に、隣のお墓を破損させてしまったというケースもあるようです。他にも稀に悪質な石材店も存在しているようで、そういった業者は撤去した墓石を不法に放棄するようなこともあるようです。

トラブルや悪質な業者を避けるためには、墓地のあるお寺には大抵の場合付き合いのある石材店がいます。そういった業者に依頼するとよいでしょう。
付き合いが長い業者であれば墓地内の状況も詳しく把握しているため、トラブルを起こす可能性も低いと言えます。

改葬で起こりえるトラブルの多くは、事前の話し合いや準備で防げるものが多くあります。 子どもや孫の代にまで関わる重要な事ですので、十分な時間を取ってトラブル無く終えられるようにしましょう。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索