トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 改葬 > 改葬の需要が高まっている背景

改葬の需要が高まっている背景

遠方のために、お墓参りの交通費がかさんだり、草抜きなどのお墓の管理がおろそかになっているなど、お墓について悩みを抱えている方が増えているようです。実際、都市部に住む高齢者の方が地方にあるお墓に出向くことは、なかなか難しいでしょう。
そこでお墓の引越し(改葬)が注目されています。自宅の近くにお墓を移動させることで、お墓参りの負担を軽減することができます。

お墓の引越しの需要が高まっている

近年、お墓の引越し「改葬」が頻繁に行われるようになりました。 その目的は、自宅の近くにお墓を移して、お墓参りの負担を極力軽減するためということが多いようです。遠方にお墓参りに行くことは、年を重ねるにつれて、体力面、経済面の両方で負担が大きくなります。

近くに改葬することで、定期的にお墓参りに行くことが可能になり、ご先祖様を大切に守っていくことができます。

改葬が増えている背景とは?

改葬が増加している背景には、遠方まで出向く際の体力的、経済的負担の軽減だけでなく、自分の子どもたちに、できるだけ迷惑をかけたくないと考える人が増えているようです。

子どもが嫁いでいて実家のお墓を守ることが難しい、子どもが遠方に住んでいるためお墓が遠いなどの理由もあるようです。少子化も理由の一つとして考えられます。将来、お墓を継ぐ人がいなくなることから、管理の必要がない納骨堂などに改葬する方もいるようです。現在は、地方の過疎化が進み、都市部に人口が偏っています。そのため、都市部にある交通の便がいい霊園への改葬を希望する方が増えています。

永代供養墓への改葬も

子どもがいない等の理由で、次の世代にお墓を継ぐことができない人もいるでしょう。また、遠く離れた地方の墓地から自宅の近くまで改葬することが難しい場合も考えられます。そのような場合は、自宅の近くに改葬をするよりも、現在の墓地の近隣で「永代供養墓」への改葬を検討するとよいでしょう。

永代供養墓とは、お墓を継ぐ人がいない場合でも、そのお墓を管理する寺院や管理団体が、永代に渡って親族の代わりに供養と管理を行ってくれるお墓のことです。
通常、他の人と一緒に1つの墓、もしくは納骨堂に納骨されます。
供養の方法や、呼び名も様々で、合祀墓、合同墓、合葬墓、共同墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。

永代供養墓の供養の方法や頻度は施設により様々ですので、改葬前に確認しておくとよいでしょう。とは言え、ご親族の供養ですので費用面だけでの判断は難しいものです。迷われた際には、専門業者に一度相談をしてみるのも良いでしょう。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索