トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > お墓を選ぶ、探す > 宗教自由の墓地へ

壇家から宗教自由の墓地へ

お墓を建立することができる墓地は、大きく分けて2つあります。 お寺が運営する「寺院墓地」と、自治体や公益法人などが運営する「霊園」。この2つの最も大きな違いは、檀家制度です。

霊園ではなく寺院墓地にお墓を建立する場合は、その寺院の檀家になる必要があります。檀家になると、一切の葬祭供養をそのお寺に任せることができる代わりに、お布施をして寺院の維持や発展に伴う経済支援を行うことになります。

檀家制度は、江戸時代にキリスト教徒を根絶するために定められたと言われています。当時は全ての町人に対し、どこかの寺院に所属することが義務付けられ、檀家の名簿自体が現在の戸籍のように扱われていたために、檀家をやめたり、宗派を変えたりすることは認められていませんでした。

その後、明治時代に入ると檀家制度が無くなったためお墓を建立する際、必ずしもどこかの寺院の檀家になる必要がなくなったのです。 現在でも、寺院墓地にお墓を建立する場合には檀家になる必要がありますが、お寺が関わっていない霊園では、宗派を問われることはありません。


檀家制度のメリットと問題点

檀家として、寺院が運営する墓地にお墓を建立すれば、手厚く供養して貰えることはもちろんのこと、葬儀や法事などの相談もでき、便宜を図ってもらうことができます。

例えばお葬式では、檀家になっていなくても葬儀社を通し葬儀の依頼をすることはできますが、檀家以外からの依頼は後回しにされてしまうこともあるようです。その点、檀家となっていれば、迅速に対応してもらうことができるのです。

その一方、檀家は何かと制約や縛りが多いことがデメリットとして挙げられます。 お寺の住職に無断で葬儀や法事を行ったり、別宗派の寺院に法事を任せることはできません。住職とのコミュニケーションを大切にしていく必要があります。 また、配偶者と宗教が異なっていたり、家族内で宗教が異なる場合も問題が生じる可能性があります。 どちらも同じ檀家でなければ、一方が改宗するか、別の霊園へ移転(改葬)を検討しなければなりません。しかし、改宗や改葬を拒む寺院もあり、トラブルに繋がる恐れがあります。


霊園への改葬

葬儀や法事の際の高額なお布施や、年会費を支払うことができないために、先祖代々お世話になってきた寺院を離れ、檀家制度にしばられることのない霊園に改葬するケースも増えています

現代は無宗教である人も多いため、住職の理解が得られないこともしばしばあります。そういった人にとっても宗教に囚われない霊園は利用しやすいと言えます。 お墓をとりまく現状、供養に対する考え方は時代と共に大きく変化しています。


改葬するなら好環境の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索