トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > お墓を選ぶ、探す > 霊園見学のポイント

霊園見学のポイント

お墓は多くの方にとって買い換えることなく、末代まで使用する大きな買いものです。大切な買いものだからこそ、ご自身の目で現地を見学されることをおすすめします。現地を見学する際にチェックすべき主なポイントをご紹介いたします。

1.交通の便

ご自身やご家族だけでなく、ご親類縁者の皆様がご来園されることも考慮し、公共の交通機関はもちろん、お車でもアクセスしやすい霊園・墓地を選ぶようにしましょう。

車で訪問する場合は走行時間、高速道路のインターチェンジからのアクセス、交通量や道幅、駐車場の広さや停めやすさなどを、実際に運転しながら確認してみましょう。お盆やお彼岸など混雑が予想される時期では状況が変わることがあるので、混雑期の状況の確認も必要です。

電車、バス等の公共交通機関を利用する場合は、便数や始発、最終の出発時間、乗り換えが必要な場合はその接続状況などを確認します。最寄り駅や最寄りのバス停からの距離、送迎バスの有無などをチェックします。

現状では車で訪問する人も、高齢になって車を運転しなくなった時の事も想定し、自家用車以外のアクセスも確認しましょう。

2.立地、環境

祖霊が眠るにふさわしい静かでおだやかな場所であるか、ご自身の目でしっかりと確認しておきましょう。墓所に湿気は避けたいもの。水はけの良さ、陽あたりや風通しの良さも確認します。水はけの良さを見るために、あえて雨の日に見学することも良いでしょう。山間部にある墓地の場合、土砂崩れなどの心配がないか、地形確認も忘れず行ないます。

また、急なこう配や長い階段にも注意が必要です。高齢になってからのお墓参りが苦にならないよう、実際に歩いて確認します。
寒冷地では霜により墓が劣化する場合もあります。できれば夏季、冬季の両方に訪問して、通年の環境をチェックしておけば万全です。

3.管理体制

霊園に必要な設備として管理事務所、化粧室、水場、休憩所、法要施設、駐車場などが挙げられます。さらに生花や線香を販売する売店やサービスがあると墓参に便利です。運営や管理の状況を確認するためには、常駐係員の有無とその応対、植え込みや芝生の手入れ、墓域・参道・施設の清掃が行き届いているかなどをチェックします。

見学以前の問題になりますが、事業主の経営状態も確認が必要です。今後永代管理を任せる企業ですので、その安定性は大変重要になります。経営と管理で事業所が異なる場合は、それぞれを確認しておきます。

4.周辺環境

霊園の周辺環境を確認しておくことも大切です。周辺の騒音や治安などをチェックし、霊園にふさわしい立地であることを確認します。


都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索