トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > お墓を選ぶ、探す > 霊園・墓地の種類

霊園・墓地の種類

霊園・墓地は運営者が異なる寺院墓地・公営霊園・民間霊園の3つの形態が有り、それぞれに特徴があります。お墓を建てる場所として何れかを選ぶこととなり、その形態を充分考慮する必要があります。

  • 寺院墓地 - お寺さんが運営する墓地
  • 公営霊園 - 地方自治体など行政が運営する霊園
  • 民間霊園 - 宗教団体や行政以外の団体が運営する霊園

運営者が異なるだけで似たようなものだと思われるかもしれませんが、申し込む前に霊園の運営形態による違いやメリット・デメリットを知っておくと、お墓を建てるときに利用しやすい霊園を選ぶ事ができるはずです。

 

寺院墓地の特徴

「お墓の建つ場所」というと誰もがイメージするのがお寺の隣に広がる寺院墓地ではないでしょうか。お葬式や法事を行ってくれるお寺が管理運営している墓地なので、親しみやすく安心してお墓を建てることができます。

寺院墓地のメリット

  • 信仰している宗教で弔える
  • 地域に密着している
  • 法要や供養の際、直接住職に頼むことができる

寺院墓地のデメリット

  • 檀家として寄付や御布施、寺院独自の料金が課せられる場合がある
  • 信仰している宗旨・宗派でないと宗旨替えの可能性もある
  • バリアフリーでない墓地も多くある
  • お墓のデザインに制約がある場合もある

また、同じ宗派であってもそのお寺の檀家になっていないと、申し込んでも断られてしまう場合もあります。よく確認するようにしましょう。

  

公営霊園の特徴

都道府県や市町村単位で運営されている公営霊園は、寺院墓地よりも規模が大きく、管理も行き届いているところが多いことが特徴です。永代使用料管理料も寺院墓地に比べると割安なことが多いので、人気も高くなっています。

公営霊園のメリット

公営霊園のデメリット

  • ご遺骨がお手元にある事が必須の場合が多い
  • 居住期間などの条件がある
  • ご自宅から遠くお墓参りに不便な場合もある
  • バリアフリーの霊園ばかりとは限らない
  • 大規模霊園ではお彼岸やお盆の時期に周辺が大渋滞
  • 墓地使用者は抽選となる場合がある

経営母体の確かさと利用料金の安さもあって、墓地が空いておらず抽選でしか受け付けていない公営霊園も多くなっています。また、募集時期が決まっていることもあり納骨したくてもお墓がないので何年も手元供養となる方も増えていると思います。

  

民間霊園の特徴

財団法人等が経営主体となり、委託を受けた民間企業が運営管理を行っているため、 利用者の方が使いやすい様に、法要や会食施設などの充実を考えています。墓参者のため駐車場や綺麗なトイレ、供花やお線香などお墓参りに必要なものも取り揃えてあり、お墓参りしやすいようになっています。

民間霊園のメリット

昔ながらの安心感のある寺墓地や、地方公共団体が管理する安心感のある公営霊園が悪い選択ではありませんが、宗派を問わない点や申し込みのしやすさといったメリットがある民間霊園に人気が集まっています。
民間霊園ならではの行き届いた管理・運営がされているのでサービスの面でも安心して利用できます。


都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索