お墓にお選びける悩みの変化

お墓は、自分が生きている間に建てる方もいれば、死後にご遺族が建てる場合もあります。どちらの場合でも、お墓選びにおいてのお悩みはさまざまなものがあります。

今も昔もお墓選びに悩みは尽きないものですが、昨今のお墓選び事情は大きく変化しています。昔であればお墓の値段だけで決める方が多かったのですが、現在では検討材料になる項目が増え、お墓選びは多様化しています。
ここでは、お墓の選び方についてのおさえておきたいポイントをご紹介します。

デザインの多様化

昔はお墓にデザイン性を求める方はほとんどいませんでしたが、昨今ではデザインにもこだわる方が増えており、さまざまな種類のお墓が登場しています。一般社団法人全国優良石材店の会ではデザインコンテストを10年以上前から実施しており、「ニューデザイン大賞」に選ばれるお墓は目を引く独創的なものばかりです。

たとえば、雪だるまやハート型など特徴的な形のものや、亡くなった方へのメッセージを入れたものなど、まさに多種多様であると言えます。
この背景にはニーズの多様化が影響しており、お墓選びにおいてもこの傾向が見受けられ、故人のことを思いながら個性豊かなお墓を建てたいと希望される方が増えています。

しかしながら、日本人気質によるものかも知れませんが、多くの方は一般的なデザインに落ち着かれる方が多いのが実情です。
故人を思えばゆえ、突飛すぎるデザインは控えるのが良策といえるかも知れません。


宗教の違い

近年では日本に住む外国人の方や、日本人であっても仏教ではないさまざまな宗教を信仰する方が増えています。キリスト教やイスラム教、あるいはその他の宗教には、お墓を建てるにあたって、それぞれの形式があります。また、仏教でも宗派によって形式が異なる場合があります。

宗教・宗派に応じてどのようなお墓を建てたらよいかについてはお寺や教会などへ相談すると良いでしょう。その上で、専門性の高い石材店に依頼するとスムーズです。

場所の問題

昨今ではお墓不足の問題が深刻化しています。古くからあるお寺では土地の確保が難しい状態です。郊外であれば土地の確保は出来ますが、交通の利便性に問題のある場合が多く、自家用車がないとお墓参りが難しい場所も珍しくありません。
そのため、広大な敷地が確保され、アクセス環境も良好な民間霊園が注目されています。

民間霊園には安心して利用できる環境が整備されており、バリアフリー完備など施設としても非常に優れています。また、民間霊園は郊外だけでなく、都心部にも多数ありますので、故人の意向や交通の利便性などの周辺環境を考慮して選ぶと良いでしょう。

デザイン、宗教、場所といった問題でお墓選びはなかなか進まないものですお寺や教会によっては厳密な規定があり、自由にお墓が建てられないことがあります。
民間霊園であれば故人や遺族の意向によって自由に設定できることも多く、法事用の設備があるなど環境が整っています。

オリジナリティのあるお墓を建てたいと思うのであれば民間霊園という選択肢は非常に魅力的ですが、先々子孫のことも考え奇抜すぎる一次的な思いつきでのデザインは控えた方が良いでしょう。迷われた際は関係者もしくは石材屋さんに相談しながら決めると良いでしょう。


都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索