トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > お墓を選ぶ、探す > 霊園の立地・交通

霊園の立地・交通

お墓は折に触れて参り、供養することが故人にとっても遺族にとっても重要です。お盆お彼岸はできれば毎年お参りすることが望ましいでしょう。しかし、お墓が遠方にある場合など、お参りにいくことが負担になるという「お墓選びの失敗談」をよく聞きますます。
お墓参りを負担に感じないためには、お墓を建てる時点で霊園の立地や交通について吟味する必要があります。霊園選びのチェックポイントとして立地や交通についてご紹介します。


何度も訪れる場所だから、自宅近くに

お墓参りや法要など、お墓はたびたび訪れる場所。そのため家族や親戚が訪れやすく、訪問を負担に感じない場所に持ちたいものです。
訪問に数時間もかかってしまうような遠方ではお墓参りの頻度はどうしても下がってしまいます。負担にならない近場の霊園を選ぶことで定期的にお参りがしやすくなります。また、お墓参りをするのは親族以外にも友人知人など多くの方が関わります。ご自身や家族はもちろん、他の親族も訪れやすい場所を選ぶことも大切です。近年では遠くにある故郷のお墓を自宅近くに移す(改葬)方も多くなりました。


交通の便の確認も

霊園の「立地」と聞くと自宅からの「近さ」を考える方が多いと思いますが、霊園選びでは「行きやすさ」「交通手段の豊富さ」も重要になります。ご自身や家族の墓参りだけでなく、遠方に住む親族が墓参りする機会もあるからです。

郊外では駅から離れた場所に位置する霊園も多くあります。このような霊園であってもバスなどの公共交通機関を利用して訪れることができたり、最寄り駅からの送迎サービスがある霊園を選んでおけば、遠方からお墓参りに来る人の負担も減らせます。 自家用車でお参りをされる方に対しては高速道路の出口から近いなどの点もメリットとなります。
車でお墓参りに行くことが多い人は、周辺道路の渋滞事情や駐車場のスペースなどを事前にチェックしておくことで、ゆとりを持ってお参りできます。

東京近郊にある霊園で高速道路から近く、駅からも歩いて行ける霊園としておすすめなのは横浜の六浦霊園になります。自動車でも電車でもアクセスしやすいだけでなく、東京都内と比べ永代使用料の値段が4分の1というのが魅力的です。交通の便が良いためお墓参りの負担も少なく、将来も安心です。

東京近郊の交通アクセスに優れた霊園は、お墓購入時の経済的負担やお墓参りの負担が少なく、とても使いやすい霊園といえるでしょう。


10年後、20年後までを考えた霊園選択を

自宅から近くて交通の便もよい霊園でも、お墓までの道に急な階段や坂道があっては、高齢者のお参りが難しくなります。今は足腰も強く元気に歩いている人でも、10年20年と年を経ると共に、足腰は弱っていきます。

近年バリアフリーの霊園が増えています。将来のことを考えバリアフリーの霊園を選ぶことも重要です。
同様に車でないと訪問することができない霊園も注意しましょう。今は問題なく運転できても、将来車の運転ができなくなる可能性もあるからです。

長く使うお墓ですので、実際に霊園を見学してご家族とご相談しながらご家族にとって一番の霊園を見つけましょう。


都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。


霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索