墓石の種類

デザインや色、価格から選びがちな墓石ですが、最も考慮すべきことは、使用される石の「耐久性」です。墓石は、屋外に建立され長期に渡って雨風にさらされるものですので、耐久性の低いものだと劣化しやすく、すぐに補修工事が必要になる可能性があります。


墓石の耐久性とは

耐久性に優れた良質の墓石とは、硬度は高く吸水率は低い、キメが細かく光沢が出やすい石のことを指します。硬くて水を吸いにくい石は、長期間雨風にさらされても、石材表面の変色やひび割れなどの劣化が少ない特徴があります。

また、墓石の表面に様々な色の斑点が見えますが、これらの粒が小さくて隙間なく詰まっている石は、長期間墓石表面の光沢を保つことができ、撥水力があり汚れを防ぐ効果が高いとされています。

墓石の耐久性は、墓石の劣化を防ぐ他にも、地震による破損を最小限に食い止めるためにも重要な要素。大きな地震が発生すると、重量のある墓石でも転倒する恐れがあります。耐震施工と併せ、墓石の耐久性にも十分配慮しましょう。


産地や成分によって異なる墓石の色・成分

墓石に使用される石は「花崗岩(かこうがん)」、「閃緑岩(せんりょくがん)」、「斑レイ岩(はんれいがん)」、「安山岩(あんざんがん)」の4種類に分類されます。産地や成分によってさらに分類していくと、300種類以上の石が、墓石に使用されていることになります。

例えば、墓石として最も知られている花崗岩は、御影石とも呼ばれており、国内では福島県、茨城県、愛知県、瀬戸内海沿岸で多く産出されています。同じ花崗岩でも赤みが強いものや青みが強いものまで、様々な色合いがあり、目の粗さも異なります。

予算の範囲内で、できるだけ品質が高く、その中で色や模様の気に入った墓石を選ぶことが、墓石選びの一つの方法と言えます。


都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索