トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > 葬儀 > 数珠の使い方

数珠の使い方

数珠は別名「念数」ともいわれ、魔よけの道具、仏様と心を通わすための道具として用いられています。数珠の扱い方は下記のとおりです。
1. 焼香の順番が回ってくるまで、数珠は左手首にかけて自席で待機します。
2. 焼香の際は、数珠は左手に提げ持ち、右手で焼香をします。
3. 焼香後は、数珠を両手に持ち替えて合掌します。
4. その際、合わせた両手にかけて両親指で押さえ持ち、胸の位置の高さに添えて一礼します。

都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索